ドールと廃墟旅① ~Ending is Beginning~ 

「終わりは始まり」という言葉があります。

rs1477.jpg

絶望のどん底に沈んだかと思えば、幸せすぎて毎日が薔薇色になったり・・・。
ある事柄の終わりが、新たな始まりを運んでくることは良くある事。

rs1481.jpg

終わってしまったら、また始めればいいんです。
ずっと悩んでたけれど、答えはシンプルなことだった。
なんで気づかなかったんだろうね・・・。

rs1463.jpg

この世は、終わりと始まりが輪廻のようにグルグルと回っているようなもの。

ダメだったものは仕方ない。
過去より未来を見よう。

だから、もうグダグダ悩むのはやめます。

rs1489.jpg
せら 「そうですか・・・決心したのですね。」

この旅の終わりが、新たなスタートとなるよう願いを込めて・・・
せらちゃんと一緒に、最後の場所へと向かいましょう。

・ ・ ・

前回の記事に、たくさんのコメントと拍手をありがとうございました。
一つ一つが心に沁みて、本当に励まされました
お陰様で復活してきたので、また更新を再開したいと思います 最後の舞台は、九州某所にある軍事施設の廃墟。



海上には、魚雷を運ぶためのレール跡が残っています。

rs1440.jpg

かつては大日本帝國海軍の極秘施設でしたが、今となっては見る影もありません。

rs1441.jpg

足元に気を付けながら、崩壊しかけた塔の中へと入ります。

rs1510.jpg

戦中は、魚雷の発射監視塔として使われていたようです。

rs1517.jpg

朽ち果てたレンガが美しいです。

rs1494.jpg

瓦礫には幾つもの溝跡。魚雷の発射台です。

rs1470.jpg

壁にぽっかりと空いた穴からは、海が見えます。

rs1467.jpg

静かな波の音を聞きながら、佇んで。

rs1462.jpg
せら 「昔は怖い場所だったのに・・・今はとても静かです。」

rs1460.jpg

監視塔の外には、もう一つの廃墟が見えます。

rs1438.jpg

レール跡を辿りながら、進みます。

rs1379.jpg

魚雷の格納庫跡の前に着きました。

rs1368.jpg
せら 「中に、入ってみましょうか?」

・ ・ ・

長くなってしまってすみません
次回は、格納庫内を探検します。お楽しみに。
スポンサーサイト

 ハピホリせら

12 Comments

ゆきまち  

前回の記事ではだいぶ心がまいってしまっていたようにお見受けしたので、
大丈夫かなと心配しておりました。
でも、また一歩前に進まれたようで、安心致しました。
「過去より未来を見よう」という言葉がとても胸に沁みます。
過去は無理でも、未来は自分次第で変えられるんですよね。

ぽっかり空いた穴とせらちゃんの写真が印象的です!
まるで穴の先が暗闇の出口のようで、せらちゃんが導いてくれている感じがします。
昔は魚雷の発射監視塔として使われていたとのことなのに、
そこにドールが加わるだけで、不思議と違った見方が出来てしまいます。

格納庫跡は外から見るとちょっぴり怖そうなイメージでしたが、
緑が生い茂り、光が射して、とても美しい場所ですね。
中の探検も楽しみにしていますね!

2013/10/06 (Sun) 07:00 | EDIT | REPLY |   

まとん  

今にも崩れ落ちそうな廃墟と、軍事施設。
その中で水色のドレスのせらちゃんがとても映えて見えますね!

「終わりは始まり」まさしくその通りですよね。
この旅の終わりが、きっとこんのさんの新たなスタートになることでしょう!

それにしても、ステキスポットを沢山見つけてますよね~。
毎回感心してしまいます@^^@

次回の格納庫内もどのような所なのか楽しみです!@^^ノ

2013/10/06 (Sun) 10:09 | REPLY |   

二段猫  

こんのさん、こんにちわ~。

崩れかかった廃墟。
物悲しさが有りつつも時間の経過でしか表現できない形があったり、そこに込められた沢山のものがあったり。
楽しいようで難しいようで、不思議な空間ですね。
その中で佇むせらさん、可愛いと言うより一種の美麗さを受けます。

『終わりは始まり』
本当にその通りですよね。
一つが終わりを迎えれば、またどこかで一つが始まる。
過ごしていく毎日は数え切れない程の『終わり』と『始まり』で満ち溢れているんじゃないかと。
そして、そんな“毎日”も終わりと始まりの中の一つ。

僕がドールを始めるきっかけとなった作品の中で、
『さよならは終わりではなく、新しい旅の始まり』
という言葉がありました。
終わりを迎えた何かを糧に、新しい次の一歩を。
その一歩が小さくても、幾度と無く繰り返す事で自分でも驚くほど前に進んでいることも。
苦しんだ事も悩んだ事も、ちゃんと次のスタートへ繋がる大切な出来事ではないかと。
こんのさんの一歩が、素敵な始まりの一歩になりますように。

2013/10/06 (Sun) 12:51 | REPLY |   

宮柴  

待ってました!
せらちゃんの表情と、廃墟の静けさや物悲しさがマッチしていますね。
こんのさんの文章以外にも、色々と語ってくれてるように見えます。
新しいスタートを切るところを、今まで通りこっそりひっそり拝見しますね。

2013/10/06 (Sun) 13:54 | REPLY |   

もけもけ  

おかえりなさい(^^)
待ってましたよ~

どこか憂いのある表情のせらちゃんと、今回の撮影スポットの雰囲気がとても合っていて感動しました。

「終わりは始まり」って、良い言葉ですね。
悩んだり落ち込んだりすることがあっても、それが新たなスタートの糧になって、人は精神的に成長していくんだろうなって、そう感じました。

2013/10/07 (Mon) 00:41 | EDIT | REPLY |   

稲村  

これはすごいところですね。
皆から忘れ去られ、時間が停止してしまったかのような朽ちかけた廃墟。

でもこんな場所にだって陽は差し込むし、空を見上げれば青空が澄み渡っているということを、
静かにたたずむせらさんが教えてくれているようです。

人生って、ときに真っ暗闇に突き落とされることがありますよね。
でも廃墟にすら光が差し込むなら、人の心に差し込まないはずがない。

たとえどんなに迷っても、時間がかかっても、その光を感じとれたら、
必ず明るい未来が見えてくると思います。

願わくば、こんのさんの未来が光に満ちあふれたものでありますように。

2013/10/07 (Mon) 01:25 | REPLY |   

こんの  

> ゆきまちさん

ご心配をかけてしまって、ホントに申し訳ないです!

心身ともに地獄のどん底(?)まで、どよーんと沈んでいましたが
ゆきまちさんからのコメントや、可愛らしいブログの記事に励まされて
なんとか復活してきました。どうもありがとうございました!

未来は変えられると思うので、良いことがあると信じて頑張りたいですね。

ぽっかり穴とせらちゃんの写真、お褒め頂きありがとうございます♪
仰る通り、暗闇の出口のようにも見えますね!
今回訪ねた場所の中でも、気に入っている場所の一つです。

廃墟で撮影するのは、今回が初めてだったのですが
廃墟のみの写真よりも不思議な魅力があってハマってしまいそうです(笑)

続きもなるべく早くアップしますね!

2013/10/08 (Tue) 01:31 | REPLY |   

こんの  

> まとんさん

廃墟にドレスが映えて見えると感じて頂き、嬉しいです♪
カジュアルにするかドレッシーにするかコーデには悩みましたが
暗いイメージの廃墟に、あえて正反対の明るいドレスをぶつけて正解でした!

まとんさんの明るいコメントには、いつも励まされています。ありがとうございます!
新しいスタートを切って、アグレッシブモードに戻りたいと思います♪

ステキスポットと言って頂き、探した甲斐がありました!
旅雑誌やら写真集やらを読んで、次に行く場所を研究するのが趣味になってます(笑)

次回は早めに更新しますね!お楽しみに。

2013/10/08 (Tue) 01:46 | REPLY |   

こんの  

> 二段猫さん

廃墟には、以前から興味があったのですが、実際に訪れたのは初めてでした。
儚げな美しさの中に怖さもあり、おっしゃる通り不思議な空間でした。

可愛いだけでないドールの魅力が撮れたらいいなと思っていたので
美麗さがあるとコメント頂きまして、とっても嬉しいです!
せらちゃんには、こういう物憂げな場所が似合いますよね。

> 『さよならは終わりではなく、新しい旅の始まり』
わぁ~、素敵な言葉ですね!今の自分の心情にピッタリで心に沁みました。

苦しんだ事も悩んだ事も次のスタートに繋がる・・・確かにそうですね!勇気が出ます。
二段猫さんから頂いたメッセージは、どれも心に響いてきて本当に嬉しいです。
お陰様で少しずつ前進できるようになりました!頑張りますね。

2013/10/08 (Tue) 02:00 | REPLY |   

こんの  

> 宮柴さん

お待たせしてしまって、ごめんなさい!お陰様で元気になってきました。

廃墟で撮るなら、モデルはせらちゃんしかいない!と思っていたので(笑)
せらちゃんの表情と廃墟がマッチしていると言って頂き、嬉しいです♪

ドールの魅力を写真の力で語れるようにするのが夢なので
色々と感じて頂けたなら、すごく光栄です!

宮柴さんからの励ましのお言葉には、いつも勇気をもらっています!
どうもありがとうございます。また一歩ずつ進んでいきますね。

2013/10/08 (Tue) 02:06 | REPLY |   

こんの  

> もけもけさん

ただいまです♪なんとか戻ってまいりました。

リアルでは「おかえりなさい」と言ってくれる人がいないので
もけもけさんの一言にテンションが上がってしまいました!(笑)

外で撮影する時は、ロケ地のイメージに合ったドールを選ぶようにするのが
自分なりのコダワリなのですが、せらちゃんが雰囲気に合っていて感動と
最上級のお褒めを頂きまして、本当に嬉しいです!

辛いことも精神的に成長するための糧だと思えば怖くないですね!
素敵なお言葉、ありがとうございます。

2013/10/08 (Tue) 02:16 | REPLY |   

こんの  

> 稲村さん

ここは、ホントにすごいところでした!

廃墟なので、汚くて暗いのかな?と思っていたのですが
びっくりするほど光が差しこんでいて、見上げれば青空。素敵な場所でした。

> 廃墟にすら光が差し込むなら、人の心に差し込まないはずがない
まさにそうですね!次回の記事では、そんなことを語る予定でした(笑)
写真から、そこまで感じ取って下さって嬉しいです。さすが稲村さん、鋭いですね!

こんな私の為に、祈って下さってありがとうございます。
明るい未来が描けるように、頑張りますね!

2013/10/08 (Tue) 02:28 | REPLY |   

Leave a comment