不思議な庭のアリス(後編)

ar2044.jpg

前編」に引き続き、野外撮影の写真を使って、小説風のモノを書いてみます。
ドールブログなので、文章メインじゃないんですが、たまには変化球という事で。
そういうのはちょっと・・・という方は、読み飛ばして下さいね。


・ ・ ・

ar2067.jpg
「この庭はね、そんなに広くは無いの。」

アリスは、ふと立ち止まって、こんなことを言った。
庭の広さは、私とアリスの「記憶の量」を表しているのだろうか?

ar2049.jpg
「う~ん、記憶の量が多ければ、庭も広くなるけれど、質も大事よね。」

記憶の質・・・、それは難しい問題だ。

人生の中で、楽しい記憶と、悲しい記憶を比べて
質が良いのはどちらかと聞かれても、私は答えることが出来ない。

生きるには、どちらも必要なのだ。

ar2051.jpg

アリスは、青い紫陽花の前で、ご機嫌な様子だ。

ブルーと言えば「憂鬱」の意味合いがあるが、
紫陽花のブルーは、梅雨の憂鬱さを吹き飛ばしてくれる。

この紫陽花は、どんな記憶から生まれたのだろう・・・。

ar2094.jpg

私とアリスは、歩きながら、いろんな話をした。

庭に咲いている花の色や、植木鉢のデザインについて、等々。
古くからの友人の様に、2人の話は尽きない。

ar2096.jpg

私が、ファッションに興味があると言うと、アリスは目を輝かせて
「私も!」と叫ぶので、思わず笑ってしまった。

ファッション好きと言っても、色々なタイプがいるが、
私は、服と小物を組み合わせて、コーディネイトを考えるのが一番好きだ。

そのなかでも、特に好きなのは・・・

ar2089.jpg
「特に好きなのは、なあに?」

アリスは、私の目をじっと見つめながら、ドキッとする一言を唱えた。

そう、私が一番好きなのは、お人形のコーデを考えることだ。

ドールの顔立ちや髪型のイメージに合わせて、スタイリストの如く
コーデを決めていく過程は、難解な数式を解くのと同じくらい楽しい。

ar2088.jpg

雪解けのように、私の「記憶」は、ゆるやかに動き出した。

例えば、この衣装は、私が選び、着せ付けたものだ。
自分のドールを「アリス」に見立てて、ファンタジーの世界を表現したかったのだ。

そして、アリスを演じてくれたのは「リアン」。

甘いドレスが多い我が家では、クール系の彼女を
どう扱って良いのか、悩むことも多かった。

でも、今回のドール撮影をするにあたって、その思いは変わった。
リアンは、どんな服も着こなすことが出来る、優秀なモデルなのだ。

ar2110.jpg
「思い出してくれてありがとう。オーナーさん。」

リアンは、にっこりと微笑むと、少し恥ずかしそうにお礼を言った。

気付けば、あたり一面は色とりどりの花が咲いている。

この庭は2人の記憶そのもの。
リアンと気持ちが通じる度に、豊かな庭になっていくのだろう。

・ ・ ・

「ご気分はいかがですか?」

声をかけられて、私は飛び起きた。
辺りを見回すと、そこは小さな病院のようだった。

「先ほどよりも、顔色が良くなっていますね。」

看護師と思われる人物が、おっとりと話しかけてきた。聞くところによると
旅先で倒れている所を発見され、こちらに運ばれたとの事だ。

原因は、単なる貧血だったので、その後はすぐに病院を後にした。

ar2120.jpg

帰路につく途中、私はカメラを取り出して、撮った写真を見返していた。

リアンとの会話は、夢としか思えないのだが、
夢に出てきた場面は、一枚一枚、写真として残っているのだ。

不思議なことがあるものだなと思いながら、
最後に一枚、私はリアンを撮ってみることにした。

旅先で見つけた、白い猫の置物と一緒にパチリ。
その時のリアンは、今までにないくらい、リラックスした笑顔に見えた。

リアンと心を通じ合えたのは、どうやら本当だったようだ。

<おわり>


・ ・ ・

拙作をお読み下さった下さった方、ありがとうございます。

写真を見ながらストーリーを作ったので、
結末がまとまらず、長くなってしまいました
内容は、全てフィクションです!

ドールの写真を撮っていると、こちらへ語りかけてくるような
良い表情になることがあるよな~と思いながら、書きました。

次回は、普通(?)のドールブログに戻ります。
関連記事
スポンサーサイト

 10thリアン

2 Comments

勝奈たまよし  

こんばんんは。

前後編通してちょっとミステリアスなショートショートを楽しませてもらいました!
「特に好きなのは、なあに?」の所のリアンさんの表情が良いですねぇ!
心の中を見透かされていて、なおかつそれを受容してくれている様な。

リアンさんは全て知っていての発言という事だと思いますが、
あの一コマの後に記憶が呼び覚まされるというのが物語としてしっくり収まってる感じがして、
見ていてとても良い気分になりました(^o^)これは是非、たまにでも創作をお願いしたいですm(_ _)m

良いものを見せて頂きました!

2017/07/09 (Sun) 23:11 | REPLY |   

こんの  

> 勝奈たまよしさん

こんばんは!
最後までお読みくださって、ありがとうございます。

勝奈さんのコメントが的確すぎて、びっくり&感激しております。
「なあに?」のセリフは、まさにそんな感じです!

見ていて良い気分になったと言って下さって、とても嬉しいです!

創作は、たまにやりたくなるのですが、発表するのが恥ずかしくて…;
でも、こうやって感想を頂けて、とても良い機会になりました!
また何か思いつきましたら、ひっそりUPしますね。

ご感想、ありがとうございました!

2017/07/13 (Thu) 21:29 | REPLY |   

Leave a comment