不思議の国のエルノ

ae1200.jpg

クリスマスシーズンが終わったので、
アゾンの「アリスドレスset」を着せました。

ae1257.jpg

不思議の国に迷い込んだ、エルノ。

ae1241.jpg
エルノ 「あ!白うさぎさん、発見~!」

ae1245.jpg

ねずみの尻尾のように、にょろにょろした文章。
原作は、摩訶不思議でトリックに満ちています。

ae1216.jpg

おかしなお茶会へようこそ!

ae1213.jpg
エルノ 「さぁ、座って。紅茶をどうぞ。」

ae1194.jpg

すっかり、アリス気分のエルノ。
金髪に青い目が、アリス役にぴったりですね。

ae1251.jpg
エルノ 「冒険は、まだまだ続くよ!」

・ ・ ・

以下、『アリス』作者とドール写真の共通点についての戯言。


ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』は、昔から大好きな存在で
原作はもちろん、作者についての本もたくさん読んできました。

作者のルイス・キャロルは、名門大学の数学者でしたが
小さな女の子達と文通を交わしたり、お話を作ってあげるのが大好きでした。
その中の一つ、アリスに作ってあげた話が、のちの『不思議の国のアリス』になります。

彼の趣味は、なんとカメラ!当時はとっても高価で、最先端のテクノロジーでした。

昔の人が撮った写真を見ると、証明写真の様に格式ばったものが多いのですが
ルイス・キャロルの場合は、一味違います。

小さな女の子達に衣装を着せて、テーマ性のある写真を撮っていたのです。
「チャイナ風」だったり、「孤児の女の子」とか、「窓から脱走する少女」などなど・・・。
時には、フォトショならぬトリック技術で、合成も行っていました。

私は、ルイス・キャロルが撮った写真集を持っていますが、
ある時、(学術的には否定されるかもしれませんが…)革新的な説を思いつきました。
もしかしたら、彼は「ドール写真」を撮る人と、メンタリティが似ているのでは?という事。

一枚のイメージを撮るために、可愛い少女を集め、衣装や小道具を用意するには、
時間とお金を惜しみなく使う必要があります。仕事ではなく趣味なのに、この没頭ぶり。
なんとなく、親しみがわきませんか?(笑)

彼が、もし現代にいたとしたら、ドール写真についてどう思うか
感想を訊いてみたいなぁと妄想しています。
関連記事
スポンサーサイト

 エルノ

9 Comments

satomi  

アリスの世界観・・青基調のお写真が とても素敵です
原作の本も お持ちなのですね凄いです

2017/01/25 (Wed) 06:06 | REPLY |   

りすらん  

エルノさん、アリス服がお似合いですね!
アリス服って各社から色々なサイズ・色が出ていますが、どれも可愛くて惹かれます♪
ルイス・キャロルは、昔作品展に行ったことがあります。
彼の本だけでなく、たくさんの写真も展示されていました。
写真が趣味だったのですね・・・納得です(^^)
アリス・リデルも美少女でしたが、ある特定の年齢までの少女の美しさ儚さを愛でていたという注釈文があったと思います。
現代にいたら写真のためにドールを収集してたかも知れませんね(*^_^*)

2017/01/27 (Fri) 15:00 | EDIT | REPLY |   

さかえ21  

ルイスキャロルは名前くらいしか知りませんでした。それは紛れもなく我々人形者の始祖たる方ですね!
いつの時代にも似たような事を趣味にする人間がいるって面白いですね(*^_^*)

2017/01/27 (Fri) 22:29 | REPLY |   

-  

いや、キャロルははっきり変態ですから…(^^;美化されるのは危険です。

2017/02/01 (Wed) 08:23 | REPLY |   

こんの  

> satomiさん

コメントありがとうございます!
お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありません;

今回はドレスに合わせて、雰囲気を作ってみました。
お褒めの言葉、ありがとうございます!

この本は、日本語訳版を読んだら面白かったので、英語版も購入しました。
原作と解説が一緒に載っている、お得(?)な一冊です。
ずっしりと重いのが難点ですが、装丁が可愛くて気に入っています♪

2017/02/01 (Wed) 17:30 | REPLY |   

こんの  

> りすらんさん

コメントありがとうございます!
お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありません;

このエルノは、サンタ服の後に、何を着せようか迷ったのですが
アリス服を着せたらピッタリだったので、気に入っています♪

ドール用のアリス服は、本当にたくさんありますよね!
どれも可愛くて、ついつい手に取ってしまいます(笑)

りすらんさんは、作品展に行かれたことがあるのですね!
注釈付きの写真も展示されていたとは、羨ましいです。

少女の美しさ、儚さを上手く見出していたからこそ、
アリスのお話は、今でも人気なのでしょうね。

もしドールを収集するとしたら、どんな写真を撮るのか楽しみですね!
色々と空想するのも、作品の楽しみ方の一つだと思っています。

2017/02/01 (Wed) 17:54 | REPLY |   

こんの  

> さかえ21さん

コメントありがとうございます!
お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありません;

写真の対象が、人間とドールでは違う部分もありますが
どこか通じる所があるなぁ…と思ってます。人形者の始祖とも言えますね!

どんな趣味でも、歴史を紐解くと、
過去にも、同じような事をやっている人がいたりしますよね。
親しみを感じると同時に、人間って面白いなぁと思いますよね!

2017/02/01 (Wed) 18:02 | REPLY |   

こんの  

> 2/1 にコメント下さった方へ。

コメントありがとうございます。
キャロル=変態&ロリコン説は、よく言われていますね。

親に承諾を得ていましたが、少女のヌード撮影もしていましたし
現在、同じことをしたら事案発生(!)になると思います;

研究者の中では、キャロル=ロリコン説は否定派が多いですね。
その理由は、いろんな論文で証明されつつあります。

キャロルファンの1人としては、美化されることなく、
真相を知りたいという気持ちが大きいですね。

少女との書簡集を読む限り、キャロルは少女との交流が大好きだけど、
彼女たちに危害を加えたり、不快感を与えることは絶対しない人です。

私は、キャロルを名誉ある変態紳士(!)として尊敬しています(笑)

2017/02/01 (Wed) 19:20 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/11 (Sun) 08:51 | REPLY |   

Leave a comment